ニキビ跡の悩みやケアはどうすればいい?

にきび跡がコンプレックス!にきび跡の原因と治療法は?

    

pohgcfdsfv

にきびが出来ても、にきび跡が出来ない人と出来る人に分けることが出来ます。一体その違いはどこにあるのでしょうか?

実際にきび跡で悩んでいる女性は多く、クレーター状の凸凹状態だとコンプレックスに感じている人も大勢います。にきび跡が残るのは、肌の組織がダメージを受けているからだと言えます。

にきび跡のタイプによって異なりますが、にきびが悪化した際に、にきび跡は残ります。ですから、にきびが出来た段階でそれ以上は悪化させないように配慮する必要があります。

にきびをもとから作らないような環境、食生活を整えることも必要となります。

スキンケアは大丈夫?意外なところににきび跡の盲点が

しかし意外なところにもにきび跡の原因があります。それはスキンケアです。女性なら毎日のことなので、当たり前のように行っていますが、そのスキンケアで本当に大丈夫でしょうか?

肌に合っていない化粧水や刺激の強いとされる美白化粧品を使っているとにきび跡を酷くするケースもあるのです。今使っているスキンケアアイテムがにきび跡を増進させている可能性もありますから、注意しましょう。

また最も大切なにきび跡のケア方法としてあげられるのが睡眠です。肌の状態をよくするために大切な生活習慣で最もにきび跡に期待を持てるものが夜ぐっすり眠っていること。

少なくとも夜10時から深夜2時までの間には眠っておきたいものです。この時間帯は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、新陳代謝が活発になるので、肌細胞が生まれ変わるのです。そしてにきび跡が改善します。

にきび跡だけでもクリニックに行って治療するのは大げさじゃない!

たかがにきび跡でクリニックに行くのもなんだか大げさすぎる、と考えている女性も多いですが、一生残ってしまうかもしれないにきび跡、今改善しなくていつ改善しますか?

にきび跡になってしまった状態でクリニックに行くと、にきびが出来ているときに来たかった、と思うはずです。にきび跡の治療の場合、外用薬が処方されることが多いです。大きく分けると抗生物質、ビタミン剤、角質剥離剤の3種類となります。

抗生物質はクリームよりローションタイプが多いです。中でもダラシンという抗生物質が多くのにきび跡に用いられていますから、処方されることもあるでしょう。

にきび跡の外用薬でビタミン剤として出されるのは主としてビタミンC誘導体のローションです。にきび跡に効果的に効き、皮脂分泌を抑制してにきびを作らない肌質にすることが出来ます。

gfdfsdbnhk

クリニックでは色々な外用薬をくれますから、程度に合わせて使用すること

赤味、色素沈着などのにきび跡には赤味の場合はにきび跡はしばらくすると消えるものが殆どですが、色素沈着してしまうとそのままになってしまうので茶色の色素沈着は早めにクリニックに通って治療を始めましょう。

最も酷いにきび跡としてはクレーター状のものがあります。凸凹しており、触るとザラつきを感じます。真皮までダメージを受け、コラーゲンの再生を促す必要があります。

しかしセルフケアでは治療が難しく、このケースだと、コラーゲンを作る効果のあるレーザー治療やヒアルロン酸を注入して凹んでいる部分を盛り上げるなどの治療が必要になります。

同時に規則正しい生活と、バランスの取れた食生活を送るようにしましょう。